介護施設では常に人手が不足しており、国会でも取り上げられるほど重要な課題になっています。実際に、介護職を希望する人は減っているのでしょうか。
実は介護職を目指して勉強をしたり、また資格を取得する人は年々増えています。
そして毎年たくさんの有資格者が社会に出て働いているのですが、その反面、退職者も多いのが実情です。
介護施設で働くという選択をする場合、多くの人はその現場を知らないまま、介護の道を進むからです。
同じような職種に看護師があります。看護師も離職率が高いと言われていますが、介護職の方が遥かに上回っています。
それは看護師の仕事は病院などで見る機会、触れる機会があるからです。
実際に現場を知っておくことで、仕事に対する心構えも自然と出来てきます。

そのために、介護職も看護師も、実習といった実際の仕事に触れる機会があるのです。
ここで知っておくべきことは、学生の段階で体験できることはごく僅かです。これから希望を持って仕事を目指す若い人に、現実の全てを知らせることはありません。
これはどの職種でも言えることです。現実の仕事はもっと厳しいものだと考えておかなくてはいけません。
そしてこの段階で介護施設で働くかどうか、もう一度自分に問いてみるのも良いでしょう。
今以上に厳しい状況でも働くことが出来るかどうか、自分自身に問いかけてみることです。
安易に仕事として選択するには、難しいのが介護関係だと思います。
またこのような実際の職場の厳しさを考えながら、介護施設などで働くことを選択することが出来る人は、仕事に真摯に向き合うことが出来る人だと思います。
仕事として出来ることには限りがありますが、その中で出来ることをするという考え方で十分だと思います。