看護師の資格を持っていると、一度退職しても再び働く先を探すときに役に立つことが多々あります。
今までは同じように病院勤務が再就職先に挙がっていましたが、近年では介護施設が増えてきており、看護師を募集している介護施設も多くなりました。
介護施設で看護師が必要な場面はたくさんあります。どうしても高齢者の利用が多いので、急病や怪我といったことは介護施設では避けられないことです。
このような事態が起きたときに、いかに素早く対応することが出来るかということも、これからの時代は利用者や家族が介護施設を選択するときの対象になっていくのではないでしょうか。
救急病院と連携をとっている介護施設もありますし、病院が併設している介護施設もあります。これらの介護施設の共通点は看護師や医師が常駐していることではないでしょうか。
長期に渡って介護施設に預ける家族の身になれば、医師や看護師が常駐していることはとても心強く感じると思います。

また働く側になってみても、看護師でフルタイム働くことは難しくても介護施設でパートとして働くことも可能ですから、看護師として再就職する時の選択肢が増えるのではないでしょうか。
介護施設は身近なところにあります。通勤も便利ですし、急な残業も病院勤務ほど多くはないと聞きます。
このような職場環境であれば、私生活を優先しながら働くことも可能ではないでしょうか。
どうしても仕事が優先になってしまうと、育児や家事が後回しになってしまいます。
ですが自宅に近いところで短時間の勤務であれば、仕事と育児や家事も両立できると思います。
これからも介護施設では、人手だけでなくそのサービスの質も問われる時代になってきています。
看護師の新しい働き方として、介護施設を考えてみるのも良いのではないでしょうか。